人形制作にまつわるイロイロ・日々のよしなしごと
碍子に春草
輪島の海は澄んでキラキラと光り、
岩場には色とりどりの海草が揺らいでいました。
それはそれは美しい景色。

その時にふと見つけ、
波間から拾い上げた陶器の碍子(ガイシ)に、
帰ってから春の草花を飾ってみました。

菜の花・すみれ・カラスノエンドウ。
底が欠け斜めになっているので動きが出ておもしろい。

海にゆかりと、貝の蒔絵が施された漆椀に水を張ってあります。

昔モノ遊び comments(2) trackbacks(0)
Comment








ガイシって、CMで忍者くんみたいなコが宣伝してるやつですよね!陶器でできていたんや!カラスノエンドウのツル?!ヒゲ?!のクルクルがかわいい!春ですね〜、小さな花を見つけてはにっこりし、小さな虫を見つけては「ぎゃー!」と叫んでおります(むいむい苦手です。)・・・・ベランダにも虫が増えてきて、3猫たちも大喜びです。(涙)
夏の海とは一味違う風情の春の海・・・・ぴ〜さんの文章を読んでいたら、遊びに行きたくなりました!
from. 暁 | 2006/05/08 09:57 |
うひゃー、ガイシってコマーシャルしてるんですね!
CMを知らなかったので検索してみたらわかりました〜。
このガイシは陶器だけど、いろんな素材があるみたい。
昔の家の屋根裏には、こんな白い碍子がいっぱい使われていたんです。

杏の散歩でカラスノエンドウを見つけましたよ。
くるくるおひげとまあるい葉っぱがとっても可愛い♪
春の野原はやわらかくて優しい色合いの草花が咲きますね。
春の海も日の光がやわらかくて気持ち良かった!
がっつり日焼け止めをしてお出かけになってね(笑)
from. ぴ〜さん | 2006/05/08 20:58 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.mmd.pupu.jp/trackback/377159
<< NEW | TOP | OLD>>