人形制作にまつわるイロイロ・日々のよしなしごと
言い間違い
ぴ「パスポートセンターに行かなくっちゃ」

マナ「それってどこにあるの?」

ぴ「ラフォーレの3階やって」

マナ「えっ?原宿の?!」

ぴ「違うよ、駅のそばにあるやん」

マナ「お母さ〜ん、それはたぶん"ラフォーレ"じゃないよ〜」

ぴ「ん?そうやね、なんか違う・・・」

ふたり、しばし無言で考える。

・・・

ぴ「あ〜っ!わかった"リファーレ"や!」
マナ「そうやぁ!微妙に似とって思い出せんかったぁ〜」

そうですね、微妙に似ていましたね、
でも"レ"しか合ってなかったすね、わはは〜。

2006日々雑記 comments(6) trackbacks(0)
Comment








リファーレって覚えにくいですよね。
なんか俗称みたいなのあればいいのにね。
from. まき | 2006/10/08 01:01 |
名前が長いと俗称がつきそうですが・・・、短いもんね。

「リファーレ前」ってバス停の名前にもなっているのに、
こんなことが起こるんです(笑)
from. ぴ〜さん | 2006/10/08 05:08 |
渡米準備、着々とですね。
リファーレとかラブロとか、
ラポルト?これはもうないのでしたっけ?
同じくカタカナに弱いですわ〜。
なもので、外国の推理小説を読むときは苦痛です。
from. 花がたみ | 2006/10/12 00:41 |
いやぁ、ぼちぼちと、ですよぉ(^^ゞ

○○ァーレちゅうのがクセモノですね、
先に記憶しているラフォーレがパッと出てくるところなんざぁ(笑)

外国の、登場人物が多い小説は人名を覚えるのがたいへんです〜。

カタカナじゃないけれど、
梨木香歩さんの村田エフェンディ滞土録、
国名などすんなり読めない漢字がたくさんあって、
楽しめるけど、たいへんでした。
さて、希臘って読めますか?
from. ぴ〜さん | 2006/10/13 11:35 |
ぴ〜さんに勧められて、
滞土録を読み進めています、が、家守の世界ほど
まだ入りこめずにいて、
あまり進んでいません。

>希臘って読めますか?
ぴ〜先生、読めません(涙)
from. 花がたみ | 2006/10/18 00:34 |
>家守の世界ほど
まだ入りこめずにいて、

うぉっほっほー、そうでせうそうでせう。
ワタシもそうでした〜。
でも、がんばって読んでくだはれ。
読了後、おすすめしたワケがわかるはず。

『ギリシャ』で変換してみてください。
from. ぴ〜さん | 2006/10/18 09:09 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.mmd.pupu.jp/trackback/459685
<< NEW | TOP | OLD>>