人形制作にまつわるイロイロ・日々のよしなしごと
12月初めのボストン
昨年ボストンに行ったのは11月の終わりから12月の初めでした。
写してきた写真の中から、
クリスマスシーズンの風景をご紹介します。

*****

街角のお花屋さんには、リースやツリーの材料がどっさりと。



店頭には可愛いサイズの、
そして、お店の中には大きなモミの木が並んでいました。


赤い実をつけたヒイラギ


こんなに種類があったら、リース作りもさぞ楽しいんだろうなー。

***


街を歩いていると、いろいろな飾りつけをしたお家に目がいきました。

Keikoさんによると、
シーズンは始まったばかり、これからもっと盛り上がるとのことでした。
クリスマス間近は これ以上いったいどうなるの?(笑)


この家は全部の窓にこの飾りがありました。
ザクロも本物


夜も綺麗です。


この建物は消防署、カラフルな灯りが可愛いかった。

***


泊まっていたホテルも、
月が変わり12月になるとクリスマス仕様になりました。
モミの木のてっぺんには美しい天使さんの人形が。
そういえば、アメリカで見たツリーには、
てっぺんに星がついていなかったような・・・。


ホテルはB(ed)&B(reakfast)で、
ここで簡単な朝食を食べたりお茶を飲んだりしていました。
なんだか懐かしい〜。


中庭にもお花が生けられ、ドアにはリースが掛けてありました。

***


ボストン美術館のツリーです。
エスカレーター横に、大きなツリーが5つくらい並んでいました。


これまた壁面にずらっと並んでいたリース。
下はカフェで、ここでランチを食べました。

余談ですが、食べ終わってボーイさん?にチップをあげたら
「エクセレント!○×□・・」とか何とか、すごく感謝されました。
感謝されたらされたで心配になり、
こういうところではチップをあげないのかなぁ、なんて
3人で頭をつき合わせてごにょごにょ相談(笑)
一事が万事、こんな調子で過ごしてきました(~∇~;)


リースのアップはこんなです。
手を上にあげて○を作ったくらいの大きさ、おっきぃ〜!

美術館は それはそれはとても広くて、
交差点?のような場所にはもれなくクリスマスの飾りがあり、

建物も美しく、あっという間に時間が経ってしまいました。
ボストン美術館の隣に住みたいくらい。
いやいや中でもいいなぁ、なんて(笑)



*****

東京に着いて、見たのは、
丸ビルの大きなツリーでした。
昨年は12月初めからどっぷりクリスマスだったんだなぁ。
今年とは大違いです、ふふ(^m^=)


ボストン comments(2) -
Comment








なんだかため息のでるような素敵な写真ばかりですね。

去年の12月といえば(私のHPにも写真を載せてるけど)
シンガポールのラッフルズホテルも
クリスマスケーキのようにイルミネーションで飾られて
とても綺麗でしたよ〜♪
(↑ここには泊まってないんだけどね:笑)

>感謝されたらされたで心配になり、
わかる〜。チップの習慣に不慣れなので
旅先ではいつも頭を悩ませますよね・・・
渡すタイミングにもドキドキして疲れてしまいます。(~_~;)
from. いつか | 2007/12/27 22:39 |
旅慣れたいつかさんでもそうなんですか(^^;)>チップ
アメリカのKeikoさんは「あげなくてもいいわよぉ」と仰っていましたが・・。
ありがとうって気持ちで渡したら、
ミョーに感謝されちゃってドギマギしました(笑)

クリスマスのイルミネーション、
異国で見るとまた新鮮ですね。
そのシーズンじゃなきゃ見られない風景なのでなおさらなのかも(^-^*)
from. ぴ〜さん | 2007/12/28 22:45 |
<< NEW | TOP | OLD>>