人形制作にまつわるイロイロ・日々のよしなしごと
猫のワインラベル展

猫のワインラベル展、
ギャラリー猫町さんで今日から始まってまーす。
いろんなアーティストさんが猫をモチーフにしたワインラベルを制作。
お気に入りのラベルで、山梨ワインのオーダーができるそうです。
ワタシも自分のラベルでワインを注文しました。

今回は絵ではなく、丸しめ猫とお気に入りの布柄をコラージュしました。
右下の字はフランスの招き猫展パンフから取り込みぺったん。
布柄のスクーターネコちゃんも招いてます。
どんなラベルにしよっかな〜と考えていた9月頃、
気持ちが向いていた『招き猫』を盛り込みました。
時間が経った後これを見たら、
作った頃のことを思い出しそうだな〜。
2005百々猫 comments(2) trackbacks(0)
ナガハマ
3度目の参加になる『猫の宴』で長浜に行って来ました。

今年はAIN(アートインナガハマ)という芸術祭に合わせての開催ということで、
町は人ひとヒト、そりゃあもう賑やかでございました。
出展者の多さ作品の多様さ、通りのお店も一体になった盛り上がり方
混沌としていて、どこを見てもおもしろそうで
19回目という芸術祭の歴史を感じました〜。
(と言っても、実はワタシが見たのはAINのほんの一部みたい(^-^;A)

猫の宴をお世話くださったスタッフの皆さま、
そして、いつもお世話になっているねこてさん
今年もありがとうございました!

*****
写してきた写真をご紹介。


黒壁スクエアと呼ばれる古い町並みが人でいっぱい。


猫の宴会場の「川崎や」さん


ねこてさん推薦のお店『翼果楼』で、
猫なお仲間と郷土料理のご膳で昼食。
焼き鯖そうめんがすごーく気に入りました。
古いものと新しいものをうまく使った器使いもステキでした。

鮒寿しも味見。


大通寺。立派なお寺さんの前にもみっちり出店されてました。


猫の宴は、賑やかな通りから少しはずれたところだったので
猫の扮装をしたスタッフさんが案内をしていました。
(あやしい・・、いえ^^;ご苦労さまでした!)


アーケード街には海洋堂が。
入らなかったけど、おにーちゃんに教えてあげませう。

長浜は歴史あるガラス文化が息づく街らしいのに、
ちっとも鑑賞してこなかった!
次回に期待。
2005百々猫 comments(4) trackbacks(0)
ヨコハマ
日記をお休みしているあいだに、横浜へ行って帰って来ました。

初日には、はなかあさん、あーちゃんママ♪さん&あーちゃん&みゆたん、
すうさん、
横浜にお住まいの皆さんが駆けつけてくださって、
それから、Lilicoさんとつれ合いサマの笑顔にも再会することができました。
(猫町さんのDM、お渡ししましたっけ?!2通と伺っていたのに〜←記憶が・・(^_^;)
慣れない場所で、皆さんのお顔と出会いほっとしたひとときでした。
ありがとうございました♪

いろいろご報告したい出来事もあったのですが、
金沢に帰ってから少し風邪気味で昨日は半日休息していました。
おかげで今日は朝から元気!

明日は猫の宴でちょっくら長浜に行ってきま〜す♪

*****
帰ってから確認したら、
またもや会場で写した写真がうまく撮れていませんでした!(涙)
ちょっとボケていますが、会場の様子です。



河上さんの燭台ウーピーと唐子猫くんのコラボ作品。


久しぶりに作ったもんもん猫。
蓮華唐草の文様を背負ってます。
2005百々猫 comments(4) trackbacks(0)
丸〆猫
17日から伊勢おかげ横丁の招き猫まつりが始まります。
今年の『招き猫現代作家展』のお題は「まるしめ猫」
(↑この企画展、毎年テーマが出されます。
 出品作家はそのテーマからイメージした作品+招き猫を出品します)

「まるしめ猫」っちゅうのは、
歌川広重サンが浮世絵に描いた今戸焼きの招き猫で、
画像で確認される最古の招き猫といわれているんだそうです。
縁起物としてお江戸で大人気だったそう。
【ねこまくらぶ】さん・招き猫とご利益の話より招き猫の由来

残念ながら広重サンの浮世絵の招き猫は見たことがないので、
手元にある資料から、
国芳の浮世絵に描かれた今戸焼きの猫(招いてない)などを参考にして
こーんな猫を作ってみました。

お顔はしっかり百々猫です(笑)

後ろには丸〆猫にならい、○に〆と書きました。

******

体型がね、どーしてもガラちゃんのずんぐりむっくりになっちゃうんですよね〜^^;
(↑失礼)
2005百々猫 comments(4) trackbacks(0)
「わ〜い♪」なことと「えっ?!」なこと
猫町スタッフさんから心くばりいただき、
ますむらさんのサイン本などお願いすることができました。
(お忙しいさなかにありがとで〜〜す!)
お言葉に甘えておにーちゃんのぶんもお願いし、わ〜い♪と喜んでいたら
「ネコボシ」がでましたよ、って。
えっ?!
帰ってくるものとばかり思ってた〜〜、しくしく。
ちょっと動揺、でもワタシのイマジネーションを共有くださることとっても嬉しい。

*****
午後、やって来た長男に
上記お願いした旨伝えると、ぱぁ〜と明るい笑顔が浮かんだ。
2005百々猫 comments(4) trackbacks(0)
ネコボシの百々猫

ギルドマ作って〜という息子のリクエストに
ささやかに応えているところがあります。
百々猫の着物の柄。
実はギルドマ1話目のヒデヨシくんの風呂敷の模様です。
白い部分は月や葉っぱでギルバルスの洋服の柄から。

ささやかすぎっ!・・・(^.^;)
2005百々猫 comments(2) trackbacks(0)
ネコボシ

アタゴオルの世界から自分が受けとったエッセンスをつめこんで
猫の星を作りました。
星で微笑むのはヒデヨシくんと百々猫です。

『アタゴオルトリビュート展』出品作品
谷中ギャラリー猫町さんで会期は明日8日から。

ヒデヨシくんと百々猫を会わせたいなぁ。
この企画のお話をいただいた時からずーっと考えていました。
ぴったりな出会いのシチュエーションに悩み、
やっと思いついたのがネコボシです。


水晶と、化石(採取したものもあるけどもろいから貝で代用)、大きな植物、それに月。
アタゴオルの世界とも重なる大好きなものをつめこんで、
猫の星ができあがりました。


さて肝心のヒデヨシくん。
ヒデヨシくんだとわかってもらえるでしょか(^_^;)
歯がポイントなんですヨ、歯が(笑)

*****
ますむらひろしさんのウェブサイトはこちら⇒【ごろなお通信】
続きを読む >>
2005百々猫 comments(7) trackbacks(0)
有卦犬張子
風呂猫マーケットで2006年カレンダーのネット通販が始まりました。
***ウェブ担当スタッフさん、お疲れさまで〜すヽ(^o^)丿
来年はおもちゃづくしのカレンダーで、
表紙は、干支にちなんだ犬張子にしました。
乗っているのは、猫の福助。

この作品を作る時、頭に浮かんだのが『有卦入図』という
幕末の絵師・芳藤サン描くところの錦絵です。

七年続く縁起の良い年回りに入ることを"有卦に入る"と云うそうで、
福に通じる「ふ」のつくものを描きこんだ絵を祝いに贈ったのだそうです。
福助さんの目がフグだったり、眉が筆だったり、
「ふ」のつくもの=福を探すのが楽しい絵です。

この絵を参考に、
猫の福助さんにも「ふ」のつくものを7つ盛り込み遊んでみました。



ふくら雀・後ろには笛

いくつかは写真からでも見つけられます。
2005百々猫 comments(2) trackbacks(0)
野染め布

【彩りの猫】 今度の個展タイトルです。
 美しい響きを持つ日本の色をモチーフに、小さな猫たちの姿を表します。

***

DM用の写真を撮影。
背景は過去何度かのDMでも使っている野染め布に登場してもらいました。
(あまり上手ではないカメラの腕前を助けてくれる・・んじゃないかな〜と、願って)
この布は、染色家の斎藤洋さんにお願いして、
大勢の子ども達と一緒に小学校の校庭で染めたものです。
検索したらこんな記事が見つかりました。
 〜一期一会の一枚を〜 サンケイ新聞夕刊「創人たち」vol.18
野染め布にはいろんな色が混ざり合い、まるで、
参加したみんなの楽しい気持ちが手をつないでいるように思えます。


















 1998年の夏、
 野染めの時のスナップです。

2005百々猫 comments(7) trackbacks(0)
フランス&イタリアに行きます

いや、ワタシじゃなくて
この猫たちがフランスとイタリアの招き猫展に行きます。
がんばっておいで〜、と送り出しました。
ワタシも行きたいな〜〜。
2005百々猫 comments(8) trackbacks(0)
<< | 2/3 | >>